弊社のプロ職人がどこよりも安く

㈱ハラカワ 防水工事 東京・千葉・横浜

本           社  :千葉県市川市市川2-15-8

習志野営業所 : 千葉県印西市内野2-6-29-304
横 浜 営 業 所:神奈川県横浜市港南区日野2-47-21
 

0120-06-5008

     株式会社ハラカワ

本社(千葉・市川)/習志野・横浜営業所
TEL :047-685-5010 FAX :047-702-5932

  東京23区、千葉県、神奈川県 でビル、マンションの防水・止水・シーリング工事をご検討なら、 信頼できる(株)ハラカワへお任せください。 
弊社は、防水工事出身の総合リニューアル会社です。 防水のプロ職人がどこよりも安く施工させて頂いております。お気軽にご相談ください。 
戸建住宅等は施工いたしておりません。 ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
屋上防水:10年保証   バルコニー防水:10年保証   階段床防水:10年保証       防水は全てメーカー(ダイフレックス)連名で10年保証です。

屋根・屋上のまめ知識

どうして雨漏りするのですか?

RC(鉄筋コンクリート構造物)、RC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)、S(鉄骨構造物)などの構造では、屋上面の漏水のおそれがあるために防水工事が必要です。
 
ほとんどの建物では、コンクリートを屋上に用いていますが、コンクリートは打設後に0.02%程度の初期硬化収縮による微小クラックが発生し、その後、建物の動きや温度変化等によって微小クラックが成長し、構造クラックが発生することが知られています。
 
コンクリート面にクラックが発生するとコンクリートの劣化・老化を速めると同時に漏水を発生させるため防水工事が必要となります。このように、防水工事は、コンクリート構造物の建物と室内環境を守る目的で必要とされています。

劣化現象の用語

防水の種類(アスファルト・シート・ウレタン塗膜防水)

防水には、防水層を形成する素材によって大きく3種類の防水(アスファルト防水、シート防水、ウレタン塗膜防水)があります。それぞれ長所を保有している反面短所も持ち合わしているため適材適所の選択が必要です。
 
防水材は単体で使用した場合、長所と短所が存在します。そこで、異なる防水材同士を組み合わせることで互いの短所を補完し長所を活かし合うのが「複合防水」です。
 
当社は長年の施工経験から、シート防水+ウレタン塗膜防水 で完成される通気緩衝型複合防水を強く推奨します。
 
シート防水の持つ耐久性にウレタン防水を施す事によりジョイントのない完璧な防水層が完成します。
 
当社は、ダイフレックス社の複合防水を施工しておりますが、今まで漏水等の問題は一度も有りません。

お問合せ・ご相談はこちら

防水工事、塗装工事について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
※弊社は防水・下地補修工事 出身の総合リニューアル会社です。

よくあるご質問
  • 鉄骨階段でも防水できますか?
  • ウレタン、アスファルト、シート防水      どの防水が長持ちしますか?
  • 工事期間中 の匂い、振動、騒音は?
  • 建物が古くても防水保証10年は出ますか?

このようなお悩み相談でも結構です。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お問合せはこちらへ

お電話でのお問合せはこちら

0120-06-5008

受付時間 : 9:00~20:00(土日祝除く)

 

担当 : 原川(はらかわ)携帯090-1668-7986はいつでも電話はつながりますのでお気軽にお電話ください。

 

お問合せ受付中

お問合せはお気軽にどうぞ

フリーダイヤル
0120-06-5008

ご連絡先はこちら

株式会社ハラカワ

住所

本社:
千葉県市川市市川
2-15-8

習志野営業所:
千葉県印西市内野
2-6-29-304

横浜営業所:
神奈川県横浜市港南区日野
2-47-21
 
 

ご連絡先
0120-06-5008

TEL : 047-685-5010㈹
FAX : 047-702-5932
E-mail : info@harakawa.biz

代表の原川(090-1668-7986)です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

QRコード